急性骨髄性白血病
▼人気記事ランキング
5.治療
5.2.強力な治療ができない初発AML(APL以外)
全身状態が不良な場合は治療関連死の危険が高いため、症状の緩和に努めるという選択もある。

寛解導入療法[編集]


以下の治療法が選択されうる。

標準量ダウノルビシン + 標準量シタラビン
標準量ダウノルビシン + エノシタビン
低用量シタラビン + (G-CSF + アクラルビシン) (CAG療法)

寛解後療法[編集]


シタラビン + アントラサイクリン系(ミトキサントロン・ダウノマイシン・アクラルビシン) + α(エトポシドビンクリスチンビンデシン)
60歳以上では大量シタラビン療法は有用ではない[11]
[4]前ページ
(5.1.強力な治療が可能な初発AML(APL以外))
[6]次ページ
(5.3.再発・難治AML(APL以外))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/19 00:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/18 更新
 1位日本
 2位軽井沢スキーバス転落事故
 3位1月17日
 4位平清香
 5位ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant