サービス終了のお知らせ
機内食
▼人気記事ランキング
3.日本の航空会社の機内食
3.2.国際線
ごく短距離の路線(福岡 - 釜山など)を除き、1 - 2回の機内食が提供される。配膳時間は出発地や到着地の時間(時刻)に関係ない場合が多い。

近距離便では、概ね離陸から1時間以内、遠距離便では1回目は離陸から概ね2時間以内、2回目は到着予定時刻の約2時間前である場合が多い。この辺りの事情を全く考慮せず、出発直前に食事を多く摂ると、機内食が十分食べられなくなったり、機内食を十分食べたことで到着地での食事のリズムを壊し体調に影響が出る場合もある。なお、殆どの国際線では、宗教思想信条医療上の理由から特別食の用意があり、事前に申し込めば特別食が提供される。

この他に、機内食として出される食事以外にも、随時ビスケットなど軽食のサービスや、夜行便等では、夜食としてパンやサンドイッチ、日本への発着便ではおにぎりカップ麺(JALの「うどんですかい」やANAの「とびっきりおうどん(提供終了)」ほか)などの軽食を用意している会社もある。

基本的には、相手国の業者と契約して復路便の分を手配してもらうが、日本発の韓国台湾中国グアム線のような近距離路線では、復路の分もまとめて載せることもある。

業者[編集]


機内食を調理する業者は概ね航空会社が出資する関連会社が多いが、一方で外食企業が機内食事業を手がける場合もあり、近年は料理のグレードアップの際に、有名レストランやホテル、料亭などがメニューを監修することもある。

メニュー[編集]


一般に航空会社の本国の料理が出されることが多い(前述の復路など現地で調達する場合、現地料理の色合いが出る場合がある)。また座席等級によって食事の内容が異なる。

[4]前ページ
(3.1.国内線)
[6]次ページ
(4.中東の航空会社の機内食)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/25 21:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant