機動新世紀ガンダムX
▼人気記事ランキング
15.脚注
15.2.出典
  1. ^ 『マーチャンダイジングライツレポート』1996年4月号、エムディーアール
  2. ^ LD版の付属冊子より
  3. ^ 『電撃ホビーマガジン』2010年6月号のインタビューより
  4. ^ DVD-BOX小冊子での高松のコメント
  5. ^ 井の上心臓 (2018年2月6日). “「ガンダムX」ガロード役・高木渉インタビュー“ガンダムの主人公という重責、何も考えずに突っ走った現場”(3ページ目)”. アニメ!アニメ!. イード. 2018年2月13日閲覧。
  6. ^ http://home-aki.cool.ne.jp/anime-list01.htm
  7. ^ “サンライズフェスティバル2016満天「ガンダムX」&「Gガンダム」の上映話数決定!” (2016年6月22日). 2016年10月23日閲覧。
  8. ^ a b “『機動新世紀ガンダムX』上映会! ゲストに高松信司監督、サプライズゲストにキャラクターデザインの西村誠芳さんが登壇!” (2016年8月2日). 2016年10月23日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 井の上心臓 (2018年2月6日). “「ガンダムX」ガロード役・高木渉インタビュー“ガンダムの主人公という重責、何も考えずに突っ走った現場”(2ページ目)”. アニメ!アニメ!. イード. 2018年2月13日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h “新たな“ニュータイプ”の物語を描いた意欲作が初Blu-ray化!『機動新世紀ガンダムX Blu-rayメモリアルボックス』光岡湧太郎インタビュー”. VStorage. バンダイビジュアル (2018年2月6日). 2018年2月16日閲覧。
  11. ^ 『メカニックデザイナーの仕事論 ヤッターマン、ガンダムを描いた職人』光文社、2015年8月、172頁。()
  12. ^ a b 『機動新世紀ガンダムX TVアニメ完全ビジュアルブック』メディアワークス、1996年10月、66-67頁、。
  13. ^ 『ガンダムエース』2018年3月号掲載の対談記事より。なお、正確な経過年数は明らかにされていない。
  14. ^ ササキバラ・ゴウ「第3部 Vガンダムという戦い 富野由悠季インタビュー」『それがVガンダムだ―機動戦士Vガンダム徹底ガイドブック―』銀河出版、2004年2月7日、、185頁。
  15. ^ スーパーロボットマガジン』Vol.8、双葉社、2002年10月
[4]前ページ
(14.参考文献)
[6]次ページ
(16.外部リンク)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/11 18:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/15 更新
 1位日本
 2位令和元年台風第19号
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位10月14日
 5位正木裕美
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant