サービス終了のお知らせ
学生プロレス
▼人気記事ランキング
1.概要
プロレス同好会のようなサークル活動は1970年代から存在していたが、実際に試合を行うスタイルの「学生プロレス」としての活動は1978年頃から行われている。1980年には、紳士服ブランド「ダーバン(D'urban)」がスポンサーとなり、全国学生プロレス大会が開催された。この大会で初代のチャンピオンとして東海大学の「アントニオ寺島」が認定されている。

その多くは、大学の「プロレス研究会(同好会)」に所属する大学生が選手・スタッフとして活動し、学園祭等で観客を集めプロレスの試合を見せている。実況や解説をスピーカーで観客に聞かせる事で試合を盛り上げるのが特徴で、後発の「西口プロレス」も同じスタイルをとっている。

活動の一環として、学生プロレス主催でプロレスラーを学園祭に招き、講演会を開くこともある。

関東地方関西地方九州などの大学の活動が盛んで、大学の枠を超えた交流戦も行われているが、2000年代以降プロレスが下火になるにつれて、サークルが減り学生プロレスの運営は大学単位から地方単位の運営に変わりつつある[1]。また、かつては関東は好きなプロレスラーをコピーし、後述のようなプロレスラー指向。関西はオリジナルキャラクターでコミックショー指向のファイトスタイルに分かれていた。なお現在は全国規模のイベントとして『学生プロレスサミット』が行われている。

リングネームは実在するプロレスラーのオマージュもしくは下ネタ絡み(年月を経て学生プロレスの伝統になり、代々先輩が命名、リングネームの拒否や改名は禁止されている。[2])のものが多く、試合内容は既存のプロレスのパロディのようなものが主流。それでもプロレスの魅力にはまり、将来プロレスラーになることを目指してトレーニングを積み、プロ指向の試合を見せようとする者や応援でレスリング部に参加する者も中にはいる。実際に有名プロレスラーになった者も出現している。

また、学生を卒業してもOBとして学生プロレスのリングにあがったり、OBが集まって設立した草プロレスRAW、CWP、プロレスリング紫焔などの団体が存在する。なおガッツワールドプロレスリングは学生プロレス出身者による団体がプロ化したものである。

2011年7月18日には史上初めて、学生プロレス出身プロレスラーのみの大会『学プロ出身プロレスラーサミット』[3]が行われた。

[6]次ページ
(2.タブー視される風潮)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/10 22:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant