核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(かくげんりょうぶっしつ かくねんりょうぶっしつおよびげんしろのきせいにかんするほうりつ、昭和32年法律第166号、英語: Act on the Regulation of Nuclear Source Material, Nuclear Fuel Material and Reactors[1])は、核原料物質・核燃料物質原子炉の平和利用・計画的利用・災害防止及び、核燃料物質の防護(テロリズム等への利用防止)を目的とする、日本法律原子炉等規制法と略される。
規制対象は、製錬、加工、貯蔵、再処理及び廃棄の事業並びに原子炉の設置及び運転等、国際規制物資の使用等である。
目次
1.定義
2.規制の概要
3.資格
4.参考文献
5.脚注
6.関連項目
7.外部リンク

1. 日本法令外国語訳データベースシステム; 日本法令外国語訳推進会議 (2009年4月9日). “日本法令外国語訳データベースシステム-核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律”. 法務省. p. 1. 2017年6月14日閲覧。

出典:Wikipedia
2017/06/14 20:00
ソ人気記事ランキング
2018/09/22 更新
 1位山本徳郁
 2位AV女優一覧 あ行
 3位正木裕美
 4位山本博 (お笑い芸人)
 5位プレデターズ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant