サービス終了のお知らせ
外国人居留地
▼人気記事ランキング
8.その他
例外としてお雇い外国人などは居留地外に居住することもできた。
同時期に中国各地の開港場に設置された租界と基本的には同じであり、日本では1920年代頃まで中国における租界も一般的に「居留地」と呼んでいた。
外国人男性と市井の日本人女性との接触を回避したい幕府は、外国人居留者側からの要望もあり、各居留地に遊郭を作った。居留地付き遊廓としては、すでに外国人遊郭となっていた丸山遊郭・寄合町遊廓のほかに、横浜(港崎遊廓)、箱館、江戸(東京、新嶋原遊廓)、大坂(大阪、松嶋遊廓)、兵庫(神戸、福原遊廓)などが新設された[10]。このほか、長崎稲佐山にはロシア人向けの遊廓、横須賀にはフランス海軍の要請により大瀧遊廓が開設された[10]
居留地があった7地域の関係者による「外国人居留地研究会全国大会」が現代において開催されている[11]
[4]前ページ
(7.治安)
[6]次ページ
(9.参考文献)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/31 02:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant