サービス終了のお知らせ
外国人居留地
▼人気記事ランキング
5.居留地における西洋人社会
居留地に暮らす西洋人は多岐に渡ったが、多くは商人で、そのほとんどが35歳以下の男性が占めていた[8]イギリスから派遣された役人たちにとっては、商人とは教育のない賤しい種族であり、東洋に来るような人間は母国で失敗した者たちであるという偏見があった[8]。また、欧米では被差別対象者であったユダヤ人も商人に多かった[8]ラザフォード・オールコック駐日英国大使は、居留地の商人たちのことを「ヨーロッパのクズ」と呼び、クリストファー・ホジソン英国領事は「欲深なハゲタカ」「世界各地からの破廉恥の見本」と呼んだ[8]。実際、文盲や教育程度の低い商人も多く、こうした偏見は居留地の西洋人社会に広がっていた[8]。階層や出身国などで小さなコミュニティがいくつも作られ、粗野な商人や新参者を除外するため、厳格な社交の作法や手順を設けて部外者を締め出した[8]。同じ商人でも、事務所を構えるような商人と商店の商人とは線引きされ、観劇のような楽しみの場でも、役人や牧師、老舗の商人といったエリートたちが集まる日と、その他一般人の日は分けられていた[8]

[4]前ページ
(4.1.居留地競馬)
[6]次ページ
(6.居留地と華僑)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/31 02:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant