階級協調
▼人気記事ランキング
3.ファシズムにおける階級協調
ベニート・ムッソリーニの言葉では、「ファシズムは、修正できない、実りの多く、利益をもたらす人間の不平等を肯定する」[1]。ファシストはこの前提に立ち、社会階層の維持は全ての階級の利益であり、そのため全ての階級はそれを守るために協調すべきであると主張する。また上位および下位の両方の階級が、彼らの役割を受け入れ、彼らの尊敬されるべき義務を実現すべきであると主張する。ファシストの考えでは、階級協調の原則は強力なナショナリズムによって結合される。国家の安定と反映が、階級の間の協業の究極の目標とみなされる。

ファシズムの立場からの階級協調の一時的な否定には、以下のものがある。ファランヘ党の支持者や初期のイタリアのファシストなどの、より急進的なファシストは、彼らの尊敬すべき国家が真に偉大になることを阻んでいる古い正義や秩序を転覆する社会革命を要求した。

このように、伝統的な保守とファシストとは、一面で対立しつつ、マルクス主義などの階級闘争に対しては利害が一致し、「階級協調」を強調した。

[4]前ページ
(2.マルクス主義による階級協調への反対)
[6]次ページ
(4.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/11 12:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/29 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位徳勝龍誠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant