階級協調
▼人気記事ランキング
1.資本主義における階級協調
資本主義では、社会は分業によって色々な生産的な役割に分割される。これらの色々な役割は、異なった社会階級を構成する場合もあり、しない場合もある。しかし社会は生産を基本に階級に分割され、これらの階級は資産に対しては中立的である。階級協調(class harmony)を主張した初期の立場には、19世紀宗教的立場から資本主義と社会主義のいずれの道でもない社会を提唱したレールム・ノヴァールムがある。これは後に共同体主義的なキリスト教民主主義や、その経済政策としてしばしば採用された社会的市場経済につながった。

資本主義の立場からの階級協調の否定には、以下のものがある。資本主義は理念的には法の下の平等の原則を基本とし、これはどの階級にも経済的または法的な特権は与えない事を意味する。このことにより(理念的には)社会的階級や経済的階級は存在しえない。

[6]次ページ
(2.マルクス主義による階級協調への反対)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/11 12:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant