海洋法に関する国際連合条約
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
海洋法に関する国際連合条約(かいようほうにかんするこくさいれんごうじょうやく、: United Nations Convention on the Law of the Sea)は、海洋法に関する包括的・一般的な秩序の確立を目指して1982年4月30日に第3次国連海洋法会議にて採択され、同年12月10日に署名開放、1994年11月16日に発効した条約である[1][3]
通称・略称は、国連海洋法条約(こくれんかいようほうじょうやく)、UNCLOS[1]。17部320条の本文と、9つの附属書で構成されている[3][4][5]。2013年4月末現在、165の・地域と欧州連合が批准している[6]
世界の大洋に面した主な非締結国として、アメリカ合衆国、トルコ、ペルー、ベネズエラがある。ただし、深海底に関する規定以外の大部分の規定が慣習国際法化しているため、アメリカなどの非締約国も事実上海洋法条約に従っている。
国際海洋法において、最も普遍的・包括的な条約であり、基本条約であるため、別名「海の憲法」とも呼ばれる。
目次
1.概要
2.条約本文
├2.1.領海及び接続水域
├2.2.国際航行に使用されている海峡
├2.3.群島国
├2.4.排他的経済水域
├2.5.大陸棚
├2.6.公海
└2.7.島の制度
3.注釈
4.出典
5.参考文献
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/11/08 23:30
ソ人気記事ランキング
2018/11/17 更新
 1位日本
 2位日本における死刑
 3位自殺
 4位アフタヌーンショー
 5位11月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant