サービス終了のお知らせ
海行かば
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
海行かば』(うみゆかば)とは、日本国民歌謡の一つ[1]歌曲[2]合唱曲[2][3][4]
詞は、『万葉集』巻十八「賀陸奥国出金詔書歌」(『国歌大観』番号4094番。『新編国歌大観』番号4119番。大伴家持作)の長歌から採られている。作曲された歌詞の部分は、「陸奥国出金詔書」(『続日本紀』第13詔)の引用部分にほぼ相当する。
この詞には、1880年明治13年)に当時の宮内省伶人だった東儀季芳も作曲しており、軍艦行進曲(軍艦マーチ)の中間部に今も聞くことができる。戦前においては、将官礼式曲として用いられた。
[5]
目次
1.信時潔の作品
2.歌詞
3.原歌
└3.1.陸奥国に金を出す詔書を賀す歌一首、并せて短歌(大伴家持)
4.評価など
└4.1.軍歌か鎮魂歌か
5.音声資料
6.登場する映像作品
7.脚注
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/13 04:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant