企業間取引
▼人気記事ランキング
概要
企業間取引(きぎょうかんとりひき、: Business-to-business, B2B, BtoB[1])とは、製造業者(メーカー)と卸売間、または卸売と小売間など、企業の間での商取引のこと。対照的な用語は、企業対消費者間取引(Business-to-consumer, B2C, BtoC)、企業対政府間取引(Business-to-government, B2G, BtoG)である。
B2B取引の規模は、B2C取引のそれよりも遥かに大きい[2][3][4]。この主たる理由は、典型的なサプライチェーンの中で、部品材料(Sub component、サブコンポーネント)や原材料を扱うB2B取引が多数存在するが、一方、B2C取引はたった一つしかない、つまり、最終製品を最終消費者に販売するだけだからである。例えば、自動車メーカーは自動車の製造のため、タイヤ、前面ガラスの原材料となるガラス、ゴムホースをそれぞれの製造業者から購入するなど、複数回のB2B取引を行う。最終取引、すなわち完成した車を消費者に売るというのは、単一(single)のB2C取引である。
B2Bという用語はまた、コミュニケーションとコラボレーションの文脈でも用いられることがある。多くの企業とそのビジネスにおいて、今やソーシャルメディアは消費者との接点を得るため、B2C取引の一環として、利用されている。しかしながら企業内部でも同様の手段を利用しており、このことから従業員間での相互交流も可能となっている。このような従業員間のコミュニケーションが生まれるときに、これを"B2B"コミュニケーションと呼ぶ場合もある。

語源[編集]

"Business-to-business"は、"Business-to-consumer"という企業と消費者間のやり取り(コミュニケーション)に対し、企業間、企業体(Enterprise、エンタープライズ、事業体、大企業)間または組織間の電子的遣り取り(エレクトロニック・コミュニケーション)という別の意味の表すために元々生み出された言葉である。のちにこの語は結局はマーケティングに関する言葉として使われるようになり、加えて初めのうちは「生産財」("Industrial goods")または「資本財」("Capital goods")に関するマーケティング、市場取引を示す用語であった。こんにちでは、企業が扱う全ての製品、サービスを説明するのに幅広く用いられる。専門学会や経済雑誌の多くはB2BよりもB2Cにかなり注意を向けているが、B2Bセクターにおける売り上げや市場取引の人員規模は非常に大きい。

脚注[編集]

“デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年1月28日閲覧。
Sandhusen, Richard (2008). Marketing. Hauppauge, N.Y: Barron's Educational Series. p. 520. . 
Shelly, Gary (2011). Systems analysis and design. Boston, MA: Course Technology, Cengage Learning. p. 10. . 
Garbade, Michael (2011). Differences in Venture Capital Financing of U.S., UK, German and French Information Technology Start-ups A Comparative Empirical Research of the Investment Process on the Venture Capital Firm Level. M?nchen: GRIN Verlag GmbH. p. 31. . 

関連項目[編集]

小売(Business-to-consumer, B2Cとも呼ばれる)
オンライン・ツー・オフライン(O2Oとも呼ばれる)
企業対従業員取引(Business-to-employee, B2E)
CECID - 香港大学の研究機関。ebXMLなど電子商取引に関するデータ交換フォーマットの策定やそのリファレンス実装オープンソースフリーソフトウェアで提供している。
消費者間取引(Consumer-to-consumer, C2C)
e-ビジネス
E-Business XML(ebXML)
電子商取引
電子データ交換(Electronic Data Interchange, EDI)
ASC X12 - EDIに関するANSI規格
空の壺(Empty vessel)
オンライン・ショッピング
非公開電子市場(Private electronic market, PEM)
UN/CEFACT Modelling Methodology(UMM)

1. “デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年1月28日閲覧。
2. Sandhusen, Richard (2008). Marketing. 英語版): 英語版). p. 520. . 
3. Shelly, Gary (2011). Systems analysis and design. Boston, MA: Course Technology, Cengage Learning. p. 10. . 
4. Garbade, Michael (2011). Differences in Venture Capital Financing of U.S., UK, German and French Information Technology Start-ups A Comparative Empirical Research of the Investment Process on the Venture Capital Firm Level. ドイツ語版). p. 31. . 

出典:Wikipedia
2018/01/28 12:33
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant