岩手めんこいテレビ
▼人気記事ランキング
3.沿革・ネットワークの移り変わり
1989年12月19日 - テレビ予備免許交付[8]
1990年
4月10日 - 設立。
11月1日 - 試験電波発射開始[9]
1991年
3月3日 - 午前11時50分よりサービス放送を開始[10]
4月1日 - テレビ新広島以来となるFNNFNSフジテレビ系列局として開局した。岩手県内では、開局当初からの初のマストバイ局である。
移行された番組の割合は、岩手放送(現:IBC岩手放送)=7:テレビ岩手=3。これは、前者がFNSに準ずる扱いでフジテレビの番組を相当ネットしていたことによる。ニュース番組は新規ネット開始。
1995年9月 - 盛岡市の業務センター(演奏所)を本社に昇格。
1996年4月1日 - 八戸支局を開設[11]
2006年
5月15日 - デジタルマスターへ更新(東芝製)。
7月1日 - 地上デジタル放送試験放送サイマル放送)を開始。
9月25日 - 地上デジタル放送の本免許交付。
10月1日 - 地上デジタル放送開始。リモコンキーID8
2007年9月3日 - 北上支局を開設[12]
2008年
3月 - NTT東日本岩手支店鉄塔に設置しているお天気カメラがHDに更新完了。
4月1日 - スタジオ設備のハイビジョン化。ハイビジョン中継車導入。
2011年
3月11日 - 14時46分に東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生。フジテレビからの報道特別番組を3月15日までCM抜きで終夜連続放送。岩手県内でもFNN各局の報道スタッフが現地入りして被災地からの最新情報を伝えた。
7月24日 - 地上アナログ放送がデジタル放送とのサイマル放送デジアナ変換)に移行。
2012年
3月31日 - 地上アナログテレビ放送終了。
地上アナログテレビ放送の終了・地上デジタルテレビ放送の完全移行は、岩手・宮城福島の3県以外では2011年7月24日正午に行われたが、東日本大震災で甚大な被害を受けた3県については最大1年間の延期が決定し、後に2012年3月31日をもって完全移行する事が正式決定した。
3月 - フジ・メディア・ホールディングスの持分法適用会社となる[2]
[4]前ページ
(2.2.過去の資本構成)
[6]次ページ
(4.開局以降の経緯)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/04 22:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant