関白相論
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
関白相論(かんぱくそうろん)は、天正13年(1585年)に二条昭実近衛信輔の間で発生した関白の地位を巡る朝廷内の争い。これは、この年に羽柴秀吉[1]内大臣に昇進した事をきっかけとした人事抗争であるが、結果的に当事者の2人を差し置いて秀吉が関白に就任することになり、豊臣政権にとっては大きな画期となる。
目次
1.相論発生以前
2.発端
3.近衛・二条の相論
4.秀吉の関白就任
5.武家関白制
6.脚注
7.参考文献
8.関連項目
出典:Wikipedia
2019/01/31 13:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/19 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位令和元年台風第19号
 4位10月18日
 5位ブルガリア難民射殺事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant