関税及び貿易に関する一般協定
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
関税及び貿易に関する一般協定(かんぜいおよびぼうえきにかんするいっぱんきょうてい、英語: General Agreement on Tariffs and Tradeフランス語: Accord G?n?ral sur les Tarifs Douaniers et le Commerce)とは、1947年10月30日にジュネーヴにおいて署名開放された条約、またはこれに基づいて事実上国際組織として活動した締約国団を指す[1][2]GATT(ガット)の略称で呼ばれる[1]
1995年に、ガットの規定を事実上吸収したWTO協定が発効する時点で128カ国が締約国(Contracting Party)であったが[3][4]、正式には発効せず、暫定適用議定書(当初の加盟国について)及び加入議定書(発足の後の加盟国について)に基づいて適用され続けた[1]。この、1947年に署名開放されたGATTを改正した1994年の関税及び貿易に関する一般協定は、WTO協定と不可分の一部とされているが(WTO協定第2条第2項)、この1947年のGATTと、WTO協定や1994年のGATTは、別個の条約である(WTO協定第2条第4項)[1]。改正前のGATTのことを「1947年のGATT」、改正後のGATTのことを「1994年のGATT」と言い、区別される[1]
目次
1.沿革
├1.1.経緯
└1.2.多角的貿易交渉
2.基本的原則
├2.1.無差別
└2.2.数量制限禁止
3.セーフガード
4.紛争解決
5.脚注
├5.1.注釈
└5.2.出典
6.参考文献
7.関連項目

1. 筒井(2002)、52-53頁。
2. 中川(2013)、12-15頁。
3. “GATT members”. WTO. 2013年10月14日閲覧。
4. 一旦締約国となったが脱退した国(中華民国、レバノン、シリア、リベリア)、国家消滅により締約国でなくなった国(チェコスロバキア。なおチェコとスロバキアが締約国になった。)は128にははいっていない。

出典:Wikipedia
2017/11/22 22:00
ソ人気記事ランキング
2018/01/22 更新
 1位三毛別羆事件
 2位石狩沼田幌新事件
 3位ルパン三世 カリオストロの城
 4位札幌丘珠事件
 5位小室哲哉
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant