関西国際空港
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.6.2018年台風21号による被害
2018年9月4日[注 9]、関西国際空港は近畿地方に接近・上陸した平成30年台風第21号で以下に示す甚大な被害を被った。高潮が護岸を乗り越えることはなかったものの、護岸からの越波により1期島のほぼ全域が冠水した他、浸水に伴う停電が空港内で発生した。A滑走路(06R/24L)や第一ターミナル駐機場では浸水が深いところで40〜50センチメートルに達し、第一旅客ターミナルビル内においても地下従業員用エリア等が冠水した[78]被害が生じた4日の時点で、ANAは3機のボーイング767-300ER型機(登録番号JA620A、JA622A、JA626A)を第一ターミナル北ウィングB滑走路側に駐機していて3機の767は一部の部品が海水に浸かり修理が必要となり修理後、後日運用復帰した[88]。一方、B滑走路(06L/24R)や第2ターミナルがある沖合の2期島は、1期島が「防波堤」のようにはたらき、被害は少なかった[89]。ガラス等破損による負傷者を出し、同日正午にはA滑走路とB滑走路のいずれもが閉鎖された[78]

日之出海運が保有し鶴見サンマリンが運航するタンカー『宝運丸』(2,591トン)は前日9月3日に関西国際空港に航空燃料を荷揚げしたのち、連絡橋の南方約2キロメートルの空港沖に停泊していた。宝運丸側は、停泊地は投錨に適した海床であることや、紀伊山地や関空島によって風や波が防がれることを期待されることなどを考慮して選択したと主張している[90]。宝運丸は荷揚げした航空燃料の代わりに海水をタンクに詰めて重しにしていたが、4日の13時過ぎ、を下ろし船首を風上に向けスクリューを駆動していたにもかかわらず、走錨が起こり船体が後ろ向き(北方)に流され始めた。乗組員らはエンジンを全速運転にして回避を試みたが、宝運丸は止まらずに2.2キロメートルに亘って漂流し、およそ40分後の13時40分ごろ、関西国際空港連絡橋に時速11.4キロで衝突した。連絡橋の上下3車線道路のうち下り線が橋桁ごと大規模にずれ、上下線の中間を通っている線路橋にも衝突し支障をきたした。このとき、気象庁によると関空島では13時38分に観測史上最大の最大瞬間風速58.1メートルが記録され、同海域では73.8メートルを記録した船も存在し、大阪湾錨泊51隻中76%にあたる39隻もの船が走錨した事が後に判明している。また民間の計測値ながら大阪湾内甲子園浜においては風速82.4メートルを観測している。連絡橋がすでに通行止めにされていたことや、宝運丸の乗組員らが衝突直前に船橋から退避したことで、死傷者は発生しなかった[91][92][93][94][95][96][97][98]。同海域では過去も船が流されており、海上保安庁は2011年から台風接近時や警報レベルの強風時には島から原則3マイル(約5.5キロ)離れて停泊するようホームページ上で推奨していたが、強制力はなく、関空代理店・運航会社・船主・船長・乗組員に周知されていなかった。また5.5キロ以内同海域には宝運丸以外にも10数隻錨泊しており、台風20号時は海上保安庁の船も5.5キロ以内の紀伊山地・関空島に囲まれた海域に錨泊していた。宝運丸は船長の判断で約2.4キロの地点で停泊していた。海保は船長を業務上過失往来危険容疑で書類送検した[99]。これらの被害を受け、9月5日[100]・9月6日[101]の両日、関西国際空港は閉鎖され、全ての航空便が欠航となった。(ただし、5日の21時11分頃にPeach Aviationの回送便がB滑走路着陸している[102]。)また、すべての通常アクセス手段が遮断されたため、島内に旅客・従業員が孤立した。5日早朝より、空港内から出られなくなった人を対象に、神戸空港[103]または南海電鉄泉佐野駅[104]までの輸送が開始され、同日中に希望者約7,800名全員は島外に脱出した[105]

9月6日には、空港運営者である関西エアポートが記者会見を開き、上記状況報告を行うとともに、比較的被害が少なかったB滑走路と第2ターミナルを利用して翌9月7日より暫定的に空港運用を再開する意向を発表した[106]。暫定再開では、日本航空Peach Aviation[107]が合わせて19便を運航した[108]

空港の交通アクセスについては、上記の航空便運用再開にあわせて、リムジンバスの一部路線が運転再開した[109]。9月8日からは、鉄道の橋梁部不通を補うため、JR阪和線日根野駅及び南海電鉄泉佐野駅からの日根野駅・泉佐野駅 - りんくうタウン駅間の電車の運転再開にあわせて、りんくうタウン駅から空港島までの無料シャトルバスが運行された[110][111]。連絡橋の道路部は、被害を受けなかった上り線を対面通行にして、通行可能な状態に復旧した。ただし、この時点では、橋の交通容量が限られるため、空港駐車場からの出庫を除くマイカーおよびレンタカーの通行は制限されていた[112]

9月7日には、国交省の専門チームが、空港復旧に向けた対策プランを策定、発表[113]したほか、関西エアポートからは、Peach Aviation便を中心とした国際旅客便[114]、及びフェデックスによる貨物専用便が[115]再開されることが発表され、翌9月8日から運航された。

その後およそ1週間、第2ターミナルのみでの空港運用が続いていたが、9月14日より第1ターミナルの国内線エリア並びに国際線南ウィング側の供用が再開された[116]9月18日には鉄道が関西空港駅までの運転を再開した[117]9月21日には、第1ターミナル北ウィング側も復旧し、営業を再開した[118]。このように、空港施設の旅客を担う部分に関してはおおむね復旧し、一部減便を実施する航空会社はあるものの、およそ99%の便が復旧した。貨物便については復旧率が86%にまで回復した[119]菅義偉内閣官房長官は、関空の早期復旧を、阪神・淡路大震災において現地にボランティアとして出向いた自らの経験を踏まえて、関係省庁が首相官邸でタスクフォースを作って対応にあたったことによるものとしている[120]。この対応には多くの空港従業員の奔走することとなった[121]

これらの被害を受け、翌年の台風19号接近時には、第五管区海上保安本部が空港島周辺3海里以内の100トン以上の一般船舶の航行を禁止するという措置を行ったり[122]、関西エアポートが台風の進路や被害に応じて航空会社や自治体など31機関の担当者を対策本部に招集し、対応策を検討するという決定を下すなどの動きが見られた[123]

[4]前ページ
(2.5.運営権売却)
[6]次ページ
(2.7.防災強化)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/07 23:33
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant