関数 (数学)
▼人気記事ランキング
4.函数を特定するには
4.3.逆函数や陰伏函数として定める
函数 全単射とは、Y の各元 y に対し、X の元 x がちょうど一つ(少なくとも一つ、かつ、高々一つ)存在して y = f(x) と書けることであった。この場合、f逆函数 が、任意の yYy = f(x) を満たす xX に写す函数として定まる。例えば自然対数函数は正の実数全体の成す集合から実数全体の成す集合への全単射であるから、逆を持ち、それは指数函数と呼ばれる実数全体から正の実数全体への函数である。

函数 が全単射でなくとも、適当な部分集合 および を選んで、fE への制限E から F への全単射となり、その意味での逆函数を持つということは起こり得る。逆三角函数はこのような仕方で定義される。

より一般に、ふたつの集合 X, Y の間の二項関係 R が与えられ、X の部分集合 E は各元 xE に対して適当な yY が存在して x R y とできるものとする。どの xE に対してそのような yY をひとつ選び出す判定法がわかっているものとすれば、函数 を定義することができ、関係 R から陰伏的に定まるとの意味で陰函数と呼ぶ。[21]

陰函数定理は点の近傍における陰函数の存在と一意性を保証する緩やかな可微分性条件を提供するものである。

[4]前ページ
(4.2.式を与える)
[6]次ページ
(4.4.微積分学的な条件によって指定する)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/20 07:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant