関数 (数学)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
数学における関数(かんすう、: function: fonction: Funktion: functie: functio函数とも書かれる)とは、かつては、ある変数に依存して決まる値あるいはその対応を表す式の事であった。この言葉はライプニッツによって導入された。その後定義が一般化されて行き、現代的には集合に値をとる写像の一種であると理解される。
目次
1.表記の歴史
2.概要
├2.1.素朴な定式化
└2.2.現代的解釈
3.記法について
├3.1.函数記法
├3.2.矢印記法
├3.3.添字記法
├3.4.点記法
└3.5.特殊化された記法
4.函数を特定するには
├4.1.値を書き並べる
├4.2.式を与える
├4.3.逆函数や陰伏函数として定める
├4.4.微積分学的な条件によって指定する
└4.5.漸化式を与える
5.表示法
├5.1.グラフ
├5.2.値の表
└5.3.棒グラフ
6.解析学
├6.1.実函数
├6.2.ベクトル値函数
└6.3.函数空間
7.多変数関数と多価関数
8.陽表式と陰伏式
9.特殊化と一般化
├9.1.数列
├9.2.汎関数
└9.3.超関数
10.注
├10.1.注釈
└10.2.出典
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/18 18:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/13 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位11月12日
 4位IT (映画)
 5位田代まさし
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant