関羽
前世占い|手相|相性占い
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
関 羽(かん う、?音: Gu?n Y? グァン ユー、? - 建安24年12月220年1月)[1])は、中国後漢末期の将軍雲長(うんちょう)。元の字は長生。司隷河東郡解県(現在の山西省運城市塩湖区解州鎮常平村)の人。子は関平関興。孫は関統関彝
蜀漢の創始者である劉備に仕え、その人並み外れた武勇や義理を重んじた彼は敵の曹操や多くの同時代人から称賛された。後漢から贈られた封号漢寿が壮繆侯(または壮穆侯)だが、諡号は歴代王朝から多数贈られた(爵諡を参照)。
悲劇的な死を遂げたが、後世の人間に神格化され関帝(関聖帝君・関帝聖君)となり、47人目の神とされた。
小説『三国志演義』では、「雲長関雲長或いは関公関某と呼ばれ、一貫して諱を名指しされていない」、「大活躍する場面が壮麗に描かれている」など、前述の関帝信仰に起因すると思われる特別扱いを受けている。古来中国では「姓+諱+字」で呼ばれることはなく、「関羽雲長」と他人が呼んだり、自ら名乗ることは誤用であるが、日本の書物等では、しばしばこの誤用がみられる。
見事な鬚髯(鬚=あごひげ、髯=ほほひげ)をたくわえていたため、諸葛亮からは「ひげ」殿と呼ばれ、『三国志演義』などでは「美髯公びぜんこう」などとも呼ばれる。
内職|しし座|姓名判断
がん保険|恋愛占い|にきび跡
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.生涯
├1.1.劉備に仕える
├1.2.忠義を貫く
├1.3.荊州を預かる
├1.4.孫権との衝突
├1.5.樊城の戦いと最期
└1.6.関羽の死後
2.人物
3.三国志演義では
4.死後の関羽と関羽信仰
5.京劇における関羽
6.脚注
7.参考資料
8.参考書籍
9.関羽を主題とした作品
10.関連項目

1. 『三国志』呉志「呉主伝」

出典:Wikipedia
2017/07/24 17:02
性格診断|無料ゲーム|さそり座
縁結び|心理テスト|運命の赤い糸
ソ人気記事ランキング
2017/08/22 更新
 1位七條慶紀
 2位8月21日
 3位サマーウォーズ
 4位731部隊
 5位加藤紘一宅放火事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant