感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(かんせんしょうのよぼうおよびかんせんしょうのかんじゃにたいするいりょうにかんするほうりつ、平成10年10月2日法律第114号)は、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する措置を定めた日本法律感染症予防法感染症法感染症新法とも言う。
従来の「伝染病予防法」「性病予防法」「エイズ予防法」の3つを統合し1998年に制定、1999年4月1日に施行された。その後の2007年4月1日、「結核予防法」を統合し、また人権意識の高まりから「人権尊重」や「最小限度の措置の原則」を明記するなどの改正がされた。
感染力や罹患した場合の重篤性などに基づき、感染症を危険性が高い順に一類から五類に分類する。既知の感染症であっても、危険性が高く特別な対応が必要であると判断される場合は、政令により「指定感染症」に指定し対応する。また、既に知られている感染症と異なり、危険度が高いと考えられる新たな感染症が確認された場合「新感染症」として分類し対応する。SARS人獣共通感染症への対策もある。
また、動物の感染症には、狂犬病予防法家畜伝染病予防法の規制もあるが、狂犬病ブルセラ病など双方に指定されている病気もある。
目次
1.沿革
2.感染症の分類
3.都道府県知事による措置
├3.1.健康診断
├3.2.就業制限
├3.3.入院
└3.4.その他の措置
4.感染症指定医療機関の分類[4]
5.病原体等の分類
├5.1.一種病原体等
├5.2.二種病原体等
├5.3.三種病原体等
├5.4.四種病原体等
└5.5.特定病原体等に該当しない病原体等
6.脚注
7.関連項目
出典:Wikipedia
2019/12/21 23:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/17 更新
 1位日本
 2位平清香
 3位ドロヘドロ
 4位軽井沢スキーバス転落事故
 5位1月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant