完全雇用
▼人気記事ランキング
2.完全雇用時の失業水準
2.3.失業の分類によるアプローチ
労働経済学者によってしばしば用いられるものがある。それは、完全雇用状態における失業率を「理想的失業率」(ideal unemployment rate)と考え、そこでは労働市場における非効率性(例えば構造的失業)は存在せず、ただ労働者が一つの職から次の職を探す間の摩擦的失業だけがある状態だ、とするものである。例えばウィリアム・ベヴァリッジは完全雇用を「求職者が求人数に等しい状態」と定義していた。彼は経済が最大の生産を達成するためには、完全雇用以上の雇用が維持されることが望ましい、と考えていた。
[4]前ページ
(2.2.インフレーションからのアプローチ)
[6]次ページ
(3.現実の完全雇用)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/01/20 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/21 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位山口組
 4位矢島健一
 5位10月20日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant