サービス終了のお知らせ
巻波 (駆逐艦)
▼人気記事ランキング
2.艦歴
2.1.竣工まで
1939年度(マル4計画)仮称第120号艦として、舞鶴海軍工廠で建造[42]
1941年(昭和16年)10月25日、三菱重工長崎造船所で建造の秋月型駆逐艦に「照月」、舞鶴海軍工廠の夕雲型駆逐艦に「巻波」の艦名が与えられる[2]。同日附で2隻は秋月型・夕雲型に類別された[43]。舞鶴海軍工廠が建造した夕雲型駆逐艦は6隻(夕雲、巻波、早波、浜波、沖波、早霜)である[44]。12月27日、「巻波」は進水した[1][45]。同日附で舞鶴鎮守府籍となる[46]

1942年(昭和17年)6月30日、日本海軍は駆逐艦「水無月」水雷長[47][48]、軽巡「大井」水雷長[48]、駆逐艦「村雨」艦長[49][50]、駆逐艦「白雲」艦長[50]等を歴任した人見豊治中佐(海軍兵学校50期[51]を巻波艤装員長に任命する[52]。同日附で巻波艤装員事務所を設置した[53]

7月15日、「巻波」は予行運転中に機関故障を起こし、竣工予定を延期した[54]8月18日、竣工する[55][56]。艤装員事務所を撤去した[57]。同日附で人見艤装員長は巻波駆逐艦長(初代)となる[58]。「巻波」は警備駆逐艦に指定された[59][60]。8月20日、「巻波」は舞鶴を出撃した[61]。呉に立ち寄り[62]、つづいて横須賀へ移動する[63]。だが第二航空戦隊飛鷹隼鷹)の指揮を受けるように連合艦隊から下令があり[64]、8月31日に呉へ到着した[65]。同日、横須賀では姉妹艦「高波」が竣工した[66][67]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/15 10:33
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant