掛川城
ふたご座|てんびん座|相性診断
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
4.天守
4.1.復元
3層4階の入母屋造である点と、2重目の唐破風出窓や慶長時代の様式といわれる花頭窓などは、絵図などの調査に基づいて忠実に再現されている。また、この天守を再建するに際しては、山内一豊が掛川城の天守と同様の姿に建てさせたとされる高知城の天守[5]を参考にしてそれに近い構造とし、壁は白漆喰で塗り固められている。復元する上で参考とした、現存の高知城天守は江戸時代末期の再建であり創建当初のものではないと指摘されるが、創建当初の天守を忠実に復興したとされるため[6]、一豊創建時の姿に近いものであると考えられている。
一方で、掛川城の天守が地震で倒壊する数年前の1851年(嘉永4年)に作成された、天守台周囲の崩落した石垣と芝土手の被害状況を示した絵図面が残っており、同時に天守の形も示されているので、嘉永地震以前の天守を知る重要な手がかりとなっている(掛川城二の丸美術館蔵)。ただし、廻り縁高欄が描かれていないことや各階壁面の下見板張りであるなど、再建された天守とはやや異なっている部分もある。 現在の天守閣は、織豊期以降の近世の天守丸として復元整備された。復元の際の発掘調査では、中世段階の喰違い虎口、曲輪を取り囲む大型土坑群などが発見される。天守台石垣は近世(17世紀中葉から18世紀)の積み直しを行った。南面と西面に山内期の自然石、粗割石を用いた。石垣は、復興天守に伴い解体された[7]。 天守台は、基盤となる地層の地山の一部に盛り土をした上に石垣を築いた。木製地の上に築いたため安政の大地震で東・北面が崩れ落ちてしまった[8]
スピリチュアル|保育士|血液型占い
ほくろ除去|ワンピース|無料占い
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(4.天守)
[6]次ページ
(5.本丸)

5. 西ヶ谷恭弘監修『復原 名城天守』学習研究社 1996年
6. 三浦正幸監修『【決定版】図説・天守のすべて』歴史群像シリーズ特別編集 学習研究社 2007年
7. 加藤・中井 2009, p. 246.
8. 文化財建造物保存技術協会 1976, pp. 31-32.

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/02/24 18:30
さそり座|結婚|霊感
にきび跡|看護助手|姓名判断
ソ人気記事ランキング
2017/08/24 更新
 1位島田紳助
 2位七條慶紀
 3位小野道好
 4位山本美香
 5位花咲徳栄高等学校
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant