サービス終了のお知らせ
英米法
▼人気記事ランキング
3.日本におけるアメリカ法の継受と英米法系の影響
日本法は、明治期に大陸法を継受したため、信託陪審、43条、416条等民法の若干の規定を除くほか英米法系に由来する規定はなかった[1]

第二次世界大戦終結後の連合国軍占領下に公布された日本国憲法は、象徴天皇制議院内閣制などの規定に英国法の影響を想起させるものもかなりあるが、最高裁判所以下の司法府の規定などにアメリカ合衆国憲法をモデルとしたもの(そもそもアメリカ合衆国は成文憲法発祥の地でもある)であり、これによって日本法はアメリカ法を継受した[2]。その結果、一部の法律が改正がなされて、日本法は英米法系の影響を受けるに至っている。

なお、国会法皇室典範内閣法については、共通して立憲君主国である英国法系の新制度に合わせて制定され直した。また、アメリカ法の影響として代表的なものに刑事訴訟法証券取引法があるが、一方で、財産法商法刑法民事訴訟法など多くの法律は大陸法系であるという状況にある[3]

[4]前ページ
(2.特色)
[6]次ページ
(4.参考文献)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/14 20:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant