英語
てんびん座|四柱推命|婚活
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
5.文法
この項では英語教育・英語学習者に適する「伝統文法」(規範的)の枠組みを示す。これとはまったく別の記述的英文法は生成文法および英語学を参照されたい。
他の印欧諸語、そのうちでも特に欧州の諸言語と比較して、現代英語には以下のような文法的特徴がある。
名詞にがない。a と an、these と those といったごく一部の限定詞だけが、によってのみ変化する。
動詞の変化が単純になっている。しかし不規則動詞の数は比較的多い。規則動詞の変化形は過去形過去分詞-ed現在分詞動名詞-ing、三人称単数現在形の -(e)s のみである。不規則動詞(古英語における強変化動詞の一部)では現在形、過去形、過去分詞で語幹変化が見られる。
西ヨーロッパの言語の大半の言語と同じく、名詞の格変化がほぼ消失しており、代名詞に残るのみである。それらの言語とは違い、さらに動詞の人称活用も殆どないため、格関係を示すものとして、前置詞以外には、語順が非常に大きな役割を持っている。
複雑な時間表現がある。下記の時制の章を参照。
否定文、疑問文で無内容の助動詞 「do」 を用いる。これは英語以外の印欧語では珍しい。
主語の働きが強く、形式主語や無生物を主語にする文などが発達している。
二人称では単複および親疎の区別をせず「you」 のみを使う。
日本語や韓国語と違い、「主語・動詞・目的語」という順番で文が作られる。
六星占術|金融|賃貸
前世占い|結婚|血液型占い
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(4.発音)
[6]次ページ
(5.1.代名詞)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/09/09 16:30
無料占い|姓名判断|霊感
懸賞|セルライト|しし座
ソ人気記事ランキング
2017/09/19 更新
 1位山本博 (お笑い芸人)
 2位熊谷連続殺人事件
 3位光成英一朗
 4位9月18日
 5位ガイディング・ライト
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant