英語
手相|内職|恋愛占い
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
9.各国の英語事情
9.2.アメリカ合衆国の英語事情
アメリカ合衆国には、国家の公用語に関する法的な文章が存在しない。ただし、州レベルでは、英語を公用語とする州や英語とスペイン語(アメリカ合衆国のスペイン語)を公用語と明文的に定める州もある。初期の頃は、西欧系(特にゲルマン系)の移民が多く、英語優位の状況が確保されていたが、次第に東欧南欧系が増えてきた。さらにアジア中南米ヒスパニックラテン系アメリカ人問題を参照のこと)からの移民(アメリカ合衆国への移民)が大量に押し寄せ、彼らが高い出生率を維持すると、英語の地位が揺るぎかねないといった風潮が英語話者(アングロ・サクソン系、WASP)の間で生まれてくる(イングリッシュ・オンリー運動)。
いずれにしても英語が国家の言語(国語)として通用しているのは事実で、教育の分野においては「バイリンガル教育かモノリンガル教育か」といった趣旨の問題がたびたび持ち出される。
賃貸|姓名判断|愛内里菜
無料相性占い|おひつじ座|運命の人
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(9.1.イギリスの英語事情)
[6]次ページ
(9.3.カナダの英語事情)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/09/09 16:30
婚活|霊感|しし座
看護助手|さそり座|星座占い
ソ人気記事ランキング
2017/09/19 更新
 1位山本博 (お笑い芸人)
 2位熊谷連続殺人事件
 3位光成英一朗
 4位9月18日
 5位ガイディング・ライト
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant