永山則夫連続射殺事件
▼人気記事ランキング
9.事件をもとにした作品
映画『略称・連続射殺魔』(1969年) - 製作:足立正生、松田政男、佐々木守他。永山と関わりのある場所の風景映像だけを繋ぎ合わせて永山の出生から逮捕までを追ったドキュメンタリー。足立らは、永山が逮捕前に働いていたジャズ喫茶の客で、永山を見知っていた[16]
漫画『アンラッキーヤングメン』(大塚英志原作、藤原カムイ作画)では、特定している訳ではないが、Nというキャラクターとして登場する。
映画では1969年に『広域重要指定犯108号 嬲りもの』(監督木俣堯喬)というピンク映画が公開された。永山逮捕前に製作されたため[17]、ストーリーはオリジナルである。
1970年には『裸の十九才』(監督新藤兼人)が公開、原田大二郎が永山(映画では山田道夫)を演じた。
[4]前ページ
(8.2.評価)
[6]次ページ
(10.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/20 03:00
ソ人気記事ランキング
2019/04/21 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位永山則夫連続射殺事件
 4位モンキー・パンチ
 5位ルパン三世 ルパンVS複製人間
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant