永遠平和のために
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
永遠平和のために』(えいえんへいわのために、: Zum Ewigen Frieden)は、1795年イマヌエル・カントによって著された政治哲学の著作である。副題は「一哲学的考察」(: Ein philosophischer Entwurf[1]
本書はフランスプロイセンバーゼルの和約を締結した1795年にケーニヒスベルクで出版された。バーゼルの和約は将来の戦争を防止することではなく、戦争の戦果を調整する一時的な講和条約に過ぎなかった。このような条約では永遠平和の樹立には不完全であると考えた場合、カントには永遠平和の実現可能性を示す具体的な計画を示すことが求められる。本書はこのような平和の問題が論考されている。出版の翌1796年には第二補説を含めた増補版が発表されている。
本書の冒頭で『永久平和のために』という標語がオランダの食堂宿にあった墓場の絵が描かれた看板に由来することを示し、それが「人類一般に妥当するのか、決して戦争を止めようとしない国家元首らに妥当するのか、或いは甘い夢を見る哲学者のみに妥当するのかは未定としよう」と書き、当時の現状を風刺的、懐疑主義的に批判している。
目次
1.構成
2.内容
└2.1.日本に対する言及
3.日本語訳
4.脚注・出典
5.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2018/07/23 20:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant