サービス終了のお知らせ
隠れキリシタン
▼人気記事ランキング
6.その他
福岡県三井郡大刀洗町には国の重要文化財の今村天主堂があるが、この教会堂が建つ今村地区は、1867年慶応3年)に隠れキリシタンが発見された場所である。
大阪府茨木市北部(千提寺地区)の高山右近旧領に大正時代まで発見されなかった隠れキリシタンの家々があり、ある旧家は信仰の品々を入れた「あけずの櫃」を長男にのみ伝承して誰にも見せなかった。こうした中から、現在神戸市立博物館蔵の重要文化財「聖フランシスコ・ザビエル像」もこの地の旧家で発見されている。現在茨木市立キリシタン遺物史料館で「あけずの櫃」や絵画、彫刻等の資料が公開されている。
長野県木曽谷を通る旧中山道沿いの各所には隠れキリシタン信仰の名残が散在している。塩尻市奈良井の大宝寺には子育て地蔵として隠し奉っていたのだが、首を落とされてしまったというマリア像があり、木曽町日義には折畳みマリア像、大桑村の妙覚寺には千手観音に姿を借りたマリア観音像、天長院には子育地蔵と呼ばれているマリア地蔵がある。
岩手県一関市の大籠地区は、隠れキリシタンの里である。1640年寛永17年)には約3万人の信者がいた。現在は、大籠キリシタン殉教公園として整備され、資料館などの施設が建てられている。また、周辺にはいくつかの処刑場の跡が残されている。
福島県郡山市如宝寺には、江戸時代の隠れキリシタンの墓が残っており、市指定重要有形文化財に指定されている。
兵庫県加西市の大日寺で、1972年昭和47年)に背面に十字を刻んだ石仏(背面十字架地蔵)が発見される[22]。また加西市は羅漢寺の北条石仏(五百羅漢[23]など多数の石仏で知られるが、うち150体ばかりについて隠れキリシタンとの関連を指摘する意見がある[24]
大分県竹田市竹田には、隠れキリシタンが礼拝を行うために溶結凝灰岩を刳り貫いて造った全国でも例を見ない「キリシタン洞窟礼拝堂」(県指定史跡)と、それに隣接してブルドリノ、ナバロを含む5名の南蛮人宣教師を匿った「キリシタン神父の住居趾」がある。これらはいずれも藩の家老であった古田家の私邸敷地内であった(現在は私邸敷地内ではない)。また、キリシタンの遺物と言われる1612年に製造された「サンチャゴの鐘」が、歴代の岡藩主を祀る中川神社に奉納されている。
島根県津和野町には、明治時代初期に長崎から連行されてきた隠れキリシタンの殉教地跡に建てられた「乙女峠マリア聖堂」があり、毎年5月3日には殉教者を偲ぶ乙女峠祭が行われている。
鹿児島県甑島には、「クロ宗」(クロ教)と呼ばれる隠れキリシタンが現存していると言われている[25]
愛知県名古屋市には処刑されたキリシタンを弔うために建立された栄国寺があり、境内にはマリア観音など関連資料を展示する「切支丹遺跡博物館」が置かれている。
熊本県天草市には民間キリシタン資料館のサンタマリア館がある。
宮崎県延岡市松山町にはキリシタン塚と呼ばれる場所があり、現在は墓地となっている。
[4]前ページ
(5.2.英語表記)
[6]次ページ
(7.1.音楽)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/22 13:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant