サービス終了のお知らせ
怪物くん (モノクロアニメ)
▼人気記事ランキング
1.概要
1968年4月21日 - 1969年3月23日TBS系列ほかにて不二家一社提供不二家の時間」枠で放送。15分2話構成で全48回(全96話)。東京ムービーとスタジオ・ゼロが交互に製作。

本編中の登場怪物の解説及びエンディングのナレーションは、当時NET系の『日曜洋画劇場』の解説で人気を博していた映画評論家の淀川長治が担当。時には実写スチルで登場した。

シナリオを担当した山崎敬之の著書によると、山崎が書いた最終回のシナリオに対して、原作者の藤子不二雄はOKをなかなか出さず、結局は最後のタイミングというべき日の早朝に、TBSのロビーを訪れてまで打ち合わせを行い、ようやくOKが出たというエピソードが残っている。山崎は「あとから思えば、これほど手ごわい原作者もいなかった」と語っている[1]


1989年、藤子不二雄Aがレギュラー出演していた番組『ギミア・ぶれいく』の中で5話Bパート『フランケンの映画カントクの巻』が20年以上の時を経て放送された[注 2]

長らく映像ソフト化に恵まれず、1999年にビーム・エンタテインメントから発売されたLDVHS「東京ムービー アニメ主題歌大全集」第1巻に収録されたオープニングとエンディング以外に視聴手段が無かった[注 3]が、2010年10月12月に本編全話収録のDVD-BOX上下巻がキングレコードから発売された。下巻にはブローアップ劇場版の2作も収録されている。


TBS系アニメでありながらフジテレビジョンから『フジテレビのとびだすえほん[注 4]』として本作品の絵本が放送当時に発売されていた[注 5]

[6]次ページ
(2.スタッフ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/31 16:33
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant