会衆派教会
▼人気記事ランキング
5.日本における歩み
日本における会衆派教会の歩みは、同志社の創立者である新島襄による伝道活動に始まる。彼は幕末に函館より鎖国していた日本を脱国(密出国)し、アメリカで学んで1874年に帰国した時にはアメリカン・ボードの伝道者でもあった。翌年(1875年)、新島は京都の地で同志社英学校を設立するが、並行して伝道活動も行い、京都を中心に独立自治の会衆派教会を設立していった(当時は「教会」と呼ばず「公会」と称した)。その後、神戸を基盤に活動していたアメリカン・ボードの外国人伝道師や、その他の会衆派系の伝道師によって設立された各地の教会は、ゆるやかな伝道協力組織として「日本基督教伝道会社」を設立(1878年)、のちに教派の組織として31教会が「日本組合基督教会」(1886年)を設立した。

約55年間日本のプロテスタントの三大教派であった、日本組合基督教会の諸教会は、1941年の政府の要請によるプロテスタント諸教派の合同により日本基督教団(現在は公式に日本キリスト教団とも通称する)に合流し、現在に至っている。

[4]前ページ
(4.アメリカにおける展開)
[6]次ページ
(6.会衆派教会のいま)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/27 10:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/21 更新
 1位日本
 2位千と千尋の神隠し
 3位玄倉川水難事故
 4位8月20日
 5位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant