雅樹ちゃん誘拐殺人事件
▼人気記事ランキング
5.参考文献
以下の参考文献において、記事名に実名が使われている場合、この箇所を伏字ないしイニシャルとする

毎日新聞1960年5月17日夕刊5ページ 「「天地堂」の長男を誘かい」
毎日新聞1960年5月18日11ページ 「女づれの「オオタ」追及」
毎日新聞1960年5月18日夕刊7ページ 「前に父を襲った犯人と同一人か」「ただもう帰して」
毎日新聞1960年5月19日11ページ 「他の二学童もねらう」「雅樹ちゃん誘かい同じ男女?ニセ電話」
毎日新聞1960年5月19日夕刊7ページ 「前日、近所の人が一報"M宅があやしい"」「警視庁、慎重すぎて黒星」「捜査の欠点≠ニ思えぬ 新井刑事部長」「おとなしそうな「M」金ほしさからの犯行」「悲しみの(雅樹宅)家」「前夜に「殺す」と予告」
毎日新聞1960年5月20日10ページ 「雅樹ちゃんの悲劇は教える」「捜査が一本調子」「子供に悲しい警戒心」「地域の人の協力をマネ≠ウれるのが心配」
毎日新聞1960年5月20日11ページ 「「母親の命も…」と電話」「雅樹ちゃん殺し昨夕また「M」から?」「18日、ガスで凶行?警官とスレ違いに逃走」「胃の中はカラ…ヒタイにコブ二つ」「Mにも三児 愛人つくり金ほしさ」
毎日新聞1960年5月20日夕刊7ページ 「「M」都内に潜伏か 雅樹ちゃん殺し昨夜、三度も脅迫電話」「警官、店員らが警戒 不安におののく(雅樹宅)家」
[4]前ページ
(4.関連項目)
[6]次ページ
(7.外部リンク)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/14 11:02
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant