サービス終了のお知らせ
花井卓蔵
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.1.苦学して代言人へ
慶応4年(1868年)、備後国御調郡三原町(現広島県三原市)に士族・立原四郎右衛門の四男として生まれ、その後、分家により花井姓を名乗った。幼年期から神童と謳われ、10歳の時に進学のため上京するが、経済的に困窮し3年後に帰郷し、広島市の修道学校(現修道中学校・修道高等学校)で学ぶ[1]。その後、小学校代用教員として勤務する傍ら、長谷川桜南の門下生となり、高楠順次郎らと桜南舎で学ぶ。その後3年間ほど教員を務めるが、高楠とともに自由民権運動に参加し、これが原因で教員を免職される。その後、再び上京し苦学しながら、明治21年(1888年)に英吉利法律学校(現在の中央大学)を卒業。翌々年の明治23年(1890年)12月には23歳で代言人試験に合格、当時の法曹界最年少者であった。

[6]次ページ
(1.2.刑事弁護の第一人者)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/02 22:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant