火葬
▼人気記事ランキング
1.各国における火葬
1.4.欧米における火葬
アメリカ合衆国での火葬率は、2012年の時点でミシシッピ州の10%台からネバダ州の70%超まであり、州によって様々である。政治的にもリベラルな気風を持つとされる西部では火葬率が高く、対して保守的な価値観が優勢であると言われる中南部では低い傾向にある。合衆国全体では43%であり、今後も上昇すると予想されている。イギリスカナダでは70%程度、フランスでは農村で土葬の傾向が強く火葬は40%程度である。昔に比べれば近年は火葬に対する忌避感は薄れており、また前近代よりも圧倒的に多数の人口を抱える現代では埋葬地の確保が困難なことから、教会に火葬場が併設されている事例も増えている。

火葬時には、を使用することにはとらわれず、遺体袋(ボディバッグ)やケースを使用する場合が見られる。また、葬儀を行わずに直接火葬を行う事例はダイレクト火葬と呼ばれており、このケースでは遺体袋すら使用しない場合も多い[21]

[4]前ページ
(1.3.韓国における火葬)
[6]次ページ
(1.5.ロシア連邦における火葬)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/17 17:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant