火垂るの墓
▼人気記事ランキング
8.実写映画
原作者の野坂によると、アニメ映画製作の段階までに何度か実写映画化の企画は存在した[62]。もっとも具体的だったのは、KKベストセラーズ創業者の岩瀬順三によるものだった[62]。岩瀬は、アメリカ・アリゾナ州に戦災を受ける前の神戸の街を再現し、アメリカで保存されている飛行可能なB-29から実際に焼夷弾を投下、出演者には断食をさせて栄養失調を再現するといった壮大なプランを描き、野坂自身も取材をかねてB-29に乗りに行ったりしたが、実現することなく岩瀬は亡くなった[62]

その後、2000年代になって改めて実写企画が発足し、2008年(平成20年)7月5日に公開された。黒木和雄監督により企画が進行していたが、黒木の死去により、黒木を師と仰ぐ日向寺太郎が監督となった。叔母役の松坂慶子は事実上の悪役ということから一度はオファーを断ったと告白している。

全ての撮影が舞台となる兵庫県内で行われた。池の土手を歩くシーンや池辺で飛び交うをとる印象的なシーンは、西脇市黒田庄町喜多字秋谷口の秋谷池[2]で撮られた。メイキングのDVDは公開同年の8月8日、本編DVDは翌2009年(平成21年)3月27日発売。

[4]前ページ
(7.3.撮影協力)
[6]次ページ
(8.1.特徴)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/08 12:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/10 更新
 1位日本
 2位ディアトロフ峠事件
 3位艶堂しほり
 4位鎌倉ものがたり
 5位12月9日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant