火垂るの墓
▼人気記事ランキング
2.作品構成・文体
文体は、関西弁の長所を生かした「饒舌体」の文体ながらも、無駄のない独特のものとなっている[2][3]
物語の構成は、冒頭にまず物語の結末部分が描かれ、駅構内で死んでいった主人公の少年の腹巻の中から発見されたドロップ缶を駅員が放り投げると、その拍子に蓋が開いて缶の中から小さい骨のかけらが転げ出し、が点滅して飛び交う。そして、その骨が少年の妹の遺骨であることの説明から、カットバックで時間が神戸大空襲へ戻っていき、そこから駅構内の少年の死までの時間経過をたどる効果的な構成となっており、印象的で自然な流れとなっている[2]
[4]前ページ
(1.発表経過)
[6]次ページ
(3.作品背景)

2. 尾崎秀樹「解説」(文庫版『アメリカひじき・火垂るの墓』)(新潮文庫、1972年。改版2003年)
3. 「第58回直木賞(昭和42年度下半期)選評」(オール讀物 1968年4月号に掲載)

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/04/21 01:30
ソ人気記事ランキング
2018/04/21 更新
 1位永山則夫連続射殺事件
 2位モンテ・クリスト伯
 3位セウォル号沈没事故
 4位遠藤要 (俳優)
 5位4月20日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant