サービス終了のお知らせ
果たし得ていない約束―私の中の二十五年
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
果たし得ていない約束―私の中の二十五年』(はたしえていないやくそく―わたしのなかのにじゅうごねん)は、三島由紀夫評論随筆。初出の旧仮名遣いでは『果たし得てゐない約束…』となる。実質的な三島の遺書、決別状としての意味合いを持ち、三島の死後、様々な誌面や三島論で『』とならび、引用されることの多い評論である。三島の吐露する〈空虚〉の考察だけでなく、戦後民主主義と三島文学の相関関係を探るためにも重要な文章である[1]
1970年(昭和45年)、『サンケイ新聞』(夕刊)7月7日号に掲載され、翌1971年(昭和46年)5月6日に新潮社より刊行された『蘭陵王――三島由紀夫 1967.1 - 1970.11』に収録された。
三島の死後、自宅書斎の机上から、本文が掲載されたサンケイ新聞夕刊の切抜きと共に、「限りある命ならば永遠に生きたい. 三島由紀夫」と記した書置きが発見されている[2][3]
目次
1.内容
2.評価・解釈
3.おもな収録刊行本
└3.1.全集収録
4.脚注
├4.1.注釈
└4.2.出典
5.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/06/02 16:02
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant