家父長制
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
家父長制(かふちょうせい、ドイツ語: Patriarchat英語: patriarchy)は、家長権(家族と家族員に対する統率権)が男性たる家父長に集中している家族の形態[1]。「父権制」と訳されることもある[2]。古代ローマに、その典型を見ることができる[2]。日本の明治民法において、家長権は戸主権として法的に保証されていた[1]
家父長制はパターナリズム(paternalism)ともいわれる。父と子の関係にしばしば見られるような、他者の利益を名目に他者の行動に強制的に干渉しようとする考え方のこと[3]。父親が小さな子供のために、よかれと思って子供の意向をあまり聞かずに意思決定することから来ている[4]。父子関係以外にも、医師などが、患者の健康を理由に患者の治療方針を一方的に決めるような場合も例に挙げられる[5]
目次
1.家父長制に関する議論
2.脚注
3.参考文献
4.関連項目
出典:Wikipedia
2019/08/19 00:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/14 更新
 1位日本
 2位狩野川台風
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位三浦和義
 5位10月13日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant