▼人気記事ランキング
3.人の生活との関わり
. 日本
一般には、他の季節に比べて人々が行動的になり、戸外活動などを積極的に行う時期であるが、真夏の過酷な暑さを避け屋内に籠もる人々もいる。全般的には、夏の初期を中心に消費活動も盛んになるとされるが、晩夏の時期は消費が鈍る時期であるとされる。

屋外活動・旅行などは、梅雨の時期には、その悪天候から著しく制約されるものの、九州以北で梅雨が明け、学校が夏休みに入る7月下旬から活発になり、一般のサラリーマンの多くが休暇を取る時期である8月中旬(東京以外の大半の地域で月遅れお盆の時期となる)を中心にピークを迎える。8月中旬を中心として、交通機関も激しく混雑する。

衣類のファッションについても、高温のため不可避的に肌の露出が増えることから、婦人服を中心に世間から注目されることが多く、その露出・開放感ゆえのアピール力から、後世に記憶が残るファッションが生まれることもある。

しかし、休暇を勉強に費やす必要がある受験生など、その熱気から距離を置かざるを得ない人もいる。日本企業の夏期休暇は西ヨーロッパ諸国より短い上に、関東地方から西では、夏期休暇にはまだ遠い7月半ば過ぎには梅雨が明け、酷暑の時期が到来してしまうことから、社会人にとっては「暑い中で仕事をしなければならない時期である」というイメージもまた強い。平成後期頃からクールビズなど勤務中の涼しい服装が奨励されており、徐々に国内に浸透しつつあるものの、未だそれとは無縁で真夏の戸外でもスーツネクタイ着用を余儀なくされる人も少なからずいる。

短い夏期休暇の時期を、子どもの世話に追われる父母もまた多い。高温と日照に恵まれる夏は、作物の生長と同時に雑草の繁茂が著しく、除草技術や除草手段が未発達であった時代の稲作農家にとっては炎天下での除草作業に追われる厳しい季節であった。

[4]前ページ
(3.人の生活との関わり)
[6]次ページ
(3.2.農業・伝統行事)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/16 05:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/21 更新
 1位日本
 2位京都アニメーション放火事件
 3位京都アニメーション
 4位宮迫博之
 5位しみけん (AV男優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant