夏目雅子
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.5.夏目雅子ひまわり基金の設立
夏目雅子の闘病生活では、白血病抗がん剤副作用による脱毛に、本人も家族も悩み、精神的苦痛を味わった(しかし母の前では「髪の毛くらい、いいわ。私、三蔵法師の時とっても素敵だったのよ」と気丈に言ったという)。1回目、2回目の化学療法で、脱毛を恐れて副作用の弱い薬を選び、積極的な治療を行わなかったことが、死につながったとの母小達スエの強い後悔の念から、患者の闘病生活(特に脱毛の恐怖や、頭髪が抜けた後の患者の頭皮の負傷など)、寛解後の社会復帰を支援したいと、母スエを代表として小達一雄を中心に、彼女の遺産をもとにして、癌患者へ無料かつらを貸し出す組織、『夏目雅子ひまわり基金』が、1993年12月に設立された[13][19]

ひまわり基金では、かつらの無償貸し出しと、不要になったかつらをクリーニングや修繕して再利用する活動の他、「ひまわりカップ」というチャリティーゴルフ大会も企画し、ドナーカードの登録や骨髄移植、後天性免疫不全症候群の正しい知識など、各種の啓発活動も合わせて行っている。パンフレットや記念品には夏目雅子の他、田中好子なども起用された。財団法人骨髄移植推進財団のCMなど、現在も夏目雅子が起用されている(2003年の公共広告機構(現:ACジャパン)のCMもほぼ同様)のはこのため。なお、ひまわり基金では現在も活動を支援してくれる賛助会員を募集している。

[4]前ページ
(1.4.白血病から死去)
[6]次ページ
(1.6.没後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/02 14:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/14 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位IT (映画)
 4位伊藤綾子
 5位正木裕美
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant