仮面ライダービルド
▼人気記事ランキング
3.登場人物
3.1.仮面ライダーの変身者
桐生 戦兎きりゅう せんと / 仮面ライダービルド
本作品の主人公で仮面ライダービルドに変身する青年。26歳[10]
最高のIQと驚異的な身体能力をもつ天才物理学者で、自ら発明した機械やツールによって戦う[11]。考え事をしている際には、兎の耳のように寝癖が立つ。惣一の勧めで東都先端物質学研究所の研究員となり、パンドラボックスを解析する仕事を任されるも、共通の体験を持っている龍我を匿った結果、ビルドとしては研究所や国家から指名手配されている。そのためビルドの正体を知らない一般市民からは悪者として、怖れの目を向けられている[12][13]
感情の起伏が激しく、その傾向は自身の記憶の核心を突かれた際の激昂ぶりや[14]、それに「最悪だ…」「最高だ」「ベストマッチ、来た〜!」などといった数々の口癖などにも表れている。また、天才を自称することに全く遠慮がなく、上から目線な口調や態度を取りがちであるため、反感を買うことも少なくない。一方で後述の通り指名手配の身でありながらも、正義感が強く人助けのためならば危険を顧みず、誰かの力になれることに喜びを見出す性分の持ち主でもあり、それに対する見返りも「求めてしまったらそれは正義とは言わない」という独自の流儀を持ち合わせている。
「黒づくめのコウモリ男やガスマスクの科学者たちに人体実験を受けている」「自分が物理学者である」という記憶を除き、自身の名前も含めた20年以上の記憶を失っている。物語の始まる1年前に雨の中で倒れていたところを石動惣一に拾われ、それ以降はnascitaの地下秘密基地で暮らしながらスマッシュと戦う日々を過ごしていた[15][7]。「桐生戦兎」という名前もこの時に惣一によってつけられたものである[17]。やがてファウストとの戦いの中で、自身が佐藤太郎という人物に瓜二つの容姿であることを知り[18]、幻徳から自身の本当の素性が葛城巧であるという事実[19][20]を知らされることとなる。自分が全ての元凶であるという事実への罪悪感から、一時は戦意を失うも龍我に諭され「桐生戦兎」として生きていくことを改めて決意した。
東都と北都の戦争が開かれた際には幻徳から東都の軍事兵器として戦うことを命じられ一度は断るが、美空が自暴自棄になったのを宥めると軍事兵器として戦うのではなく、彼女や街の人々を守るために戦うことを決意する。
記憶喪失という設定のため、演じる犬飼貴丈はパイロット監督の田崎竜太の指導に基づき、役作りを固めず自身の素で演技を行っている[21]。また変身ポーズには、犬飼の特技であるシュートボクシングのファイティングポーズが取り入れられている[21]
万丈 龍我ばんじょう りゅうが / 仮面ライダークローズ / 仮面ライダークローズチャージ
仮面ライダークローズ及び仮面ライダークローズチャージに変身する青年。23歳[7]
かつてシステマの格闘家であったが、恋人である小倉香澄の病気の治療費を稼ぐため、八百長を起こして永久追放された過去を持つ[15][16]。そして物語の始まる1年前、東都先端物質学研究所の研究員だった葛城巧殺害事件の容疑で逮捕され、有罪判決が下されたのち服役していたが、自分は無罪であると主張していた[12]。服役中に突然看守である鍋島に襲われ人体実験を受けるが、刑務所より脱獄し逃亡している途中で戦兎と出会い、彼と共通の体験を持っていたことから戦兎に匿われる[15][12]
直情型かつ粗暴な性格で、逃亡後も当初は戦兎たちに心を開かず、自分の冤罪を晴らすことを優先するあまり、人助けを優先する戦兎に対して苛立ちを隠せなかったり、時には危険な行動に及ぶこともある[24]が、一方で自身の記憶を探るよりも人助けのために走ると宣言した戦兎に対し、自分は勝てないと胸の内を吐露したこともある[14]。また記憶を失った鍋島に対し、彼の家族を慮っての言葉を投げかけたように、情にもろい面もある[25]
自分を追ってきたガーディアンを軽くあしらい、戦兎とも互角に渡り合えるほどの戦闘能力を持ち、時にはドラゴンフルボトルを使用したパンチ攻撃などの格闘戦や、ドリルクラッシャーを駆使した攻撃でビルドのピンチを救うこともある。数々の戦闘を経てハザードレベルも3.0に到達し、スマッシュを生身で倒しブラッドスタークらをも圧倒するだけの実力を身に着けた[26]。反面科学的な知識はほぼ皆無であるが、ベストマッチとなるフルボトルの組み合わせを発見する鋭い第六感と根性を持つ[27][15]。指名手配の身の上であるため、外で行動する際には老人や工事現場の作業員など、様々な変装をすることが多い。
逃亡当初、密かに恋人の香澄と連絡を取ろうとするも、彼女もまたスマッシュへ改造された末に命を落とす。しかしこの一件を経て、自分の意思を汲んで行動してくれた戦兎に感謝すると共に[28]、事件の真相を突き止めるべく彼への協力を決意する[29]。後にその香澄の遺した手紙を読み、その想いを汲んだことでクローズドラゴンとシンクロし、クローズへの変身を成功させた[30]
北都の武力行使によって東都が戦争状態となると、北都三羽ガラスの変身するハードスマッシュに対抗するために、戦兎が戦争の道具になることを恐れて封印しようとしたスクラッシュドライバーを用いてクローズチャージへと変身する。
演じる赤楚衛二は、当初見た目が戦兎役の犬飼と似通っていたため、髪を染め筋肉をつけるなど外見を差別化できるようにして撮影に臨んでいる[17]
猿渡 一海さわたり かずみ / 仮面ライダーグリス
仮面ライダーグリスに変身する青年。
北都政府がパンドラボックス及びフルボトル奪取のため東都に北都三羽ガラスと共に送り込まれた男[32]。北都三羽ガラスからは「カシラ」と呼ばれ慕われている。龍我同様、手にフルボトルを握り締め、スマッシュを変身前にも拘らず素手による一撃で撃破できるほどのパワーの持ち主。戦争を「祭り」と称しており、強敵を求める好戦的な性格だが無関係の一般市民を戦いに巻き込むことは嫌っている。情にも厚く、三羽ガラスからは「俺たちの家族のために戦っている」と言われているが、当の本人は彼らのことに関することなどの記憶を失っており、自分の好き勝手に闘争を求めているだけだと語っている。
方向音痴であり、配下の北都三羽ガラスとはぐれてしまうこともある。
みーたん(美空)のファンであり、自分のスマホの待ち受け画面に設定している。
演じる武田航平は、変身ポーズは龍我と似ないようにしながらライダーらしい要素も入れているという[33]
[4]前ページ
(2.あらすじ)
[6]次ページ
(3.2.仮面ライダーの関係者)

7. フィギュア王235 2017, pp. 6-9, 「「仮面ライダービルド」
10. キャラクターブック0 2017, p. 9.
11. “仮面ライダービルド PRE02「仮面ライダービルド」|東映[テレビ]”. 東映 (2017年8月20日). 2017年8月20日閲覧。
12. 第1話
13. HobbyJAPAN580 2017, p. 220, 「宇宙船H.S.S.」
14. 第6話
15. “主な登場人物|仮面ライダービルド|テレビ朝日”. テレビ朝日 (2017年8月2日). 2017年8月2日閲覧。
17. 「戦兎」はラビットタンクの漢字表記から、「桐生」は行きつけの理髪店「バーバー桐生」にそれぞれ由来していることが、作中にて惣一により言及されている[ep 3]
18. 第5話
19. 第15話
20. 第16話
21. 宇宙船158 2017, pp. 32-33, 「[インタビュー]犬飼貴丈
22. キャラクターブック0 2017, p. 14.
23. 東映HM56 2017, p. 18.
24. 戦兎からも、この点について危険分子になりかねないと懸念を抱かれている[ep 2]
25. 第4話
26. 第10話
27. 第3話
28. その際に戦兎から、香澄の形見であるドラゴンフルボトルを受け取っている。
29. 第2話
30. 第11話
31. 宇宙船158 2017, pp. 34-35, 「[インタビュー]赤楚衛二」.
32. 宇宙船159 2017, pp. 30-31, 「仮面ライダービルド」
33. “第16話 ライダーウォーズ開戦”. 仮面ライダービルド. 東映. 2017年12月24日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/01/18 09:31
ソ人気記事ランキング
2018/01/18 更新
 1位軽井沢スキーバス転落事故
 2位海月姫
 3位キリングバイツ
 4位有安杏果
 5位1月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant