化学
▼人気記事ランキング
2.化学で扱う基本的なこと
2.3.分子の構造
分子は、その物質が持つ特性を維持したまま分割できる最小の単位と言える[28]静電気力で結合するイオン結合には方向性が無いが、共有結合は異方性がある。簡単な共有結合分子は原子価殻電子対反発則で説明され、これに電子軌道の考え方を加えれば、分子やイオンの構造についての理論的根拠になる[29]

その一方で、同じ種類と数の元素が組み合わさった分子でも、その構造で物性に差があることが判明している。不斉炭素原子と共有結合する4つの原子団が結合する位置の違いから生じる光学異性体立体異性体や、また炭素などの二重結合部分が回転しないために生じる幾何異性体などは、同一の構造式でありながら異なる性質を持つ分子となる。ベンゼン環に結合する置換基の位置(オルトなど)による位置異性体も一例に当たる[30]エタン類など回転が可能な分子においても、立体障害などによる特性の差異は生じる[30]。さらに近年では知恵の輪のようなカテナンやサッカーボールもどきのフラーレンなど、風変わりな構造を持つ分子も発見されている[31]

[4]前ページ
(2.2.化学結合)
[6]次ページ
(2.4.物質の状態)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/13 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/17 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位凪沢怜奈
 4位池田大作
 5位9月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant