サービス終了のお知らせ
下水道
▼人気記事ランキング
11.下水道施設の公開・見学
施設の一部で見学を受け付ける下水道運営母体もある。東京都小平市にある「ふれあい下水道館」は日本国内で唯一、本物の下水道管の中に入ることができる[19][20]

[4]前ページ
(10.8.世界の下水道事情)
[6]次ページ
(12.2.出典)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/01 05:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant