サービス終了のお知らせ
下関市
▼人気記事ランキング
4.歴史
4.1.戦国時代まで
弥生時代には既に現在の下関市域には集落が複数存在しており、綾羅木郷遺跡川中地区)、土井ヶ浜遺跡(現在の豊北地区)などに当時の遺構が現在も残る。

200年ころ - 日本書紀によれば、このころ仲哀天皇が現在の下関市長府に穴門豊浦宮を設置したとされる。
7世紀 - 長門国国府を現在の長府に設置。
991年正暦2年) - 大宰府赴任途中の藤原佐理が長門赤馬泊(赤間関の古称)にて「離洛帖」(国宝)を記す。
1185年元暦2年・寿永4年) - 壇ノ浦の戦い平家滅亡、安徳天皇入水、源平合戦終結。
1276年建治2年) - 鎌倉幕府長門探題を設置。
1557年弘治3年) - 大内義長が長府の長福寺(功山寺)にて自害、大内氏滅亡。
[4]前ページ
(4.歴史)
[6]次ページ
(4.2.江戸時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/14 23:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant