サービス終了のお知らせ
▼人気記事ランキング
6.生物と音
生物で音をコミュニケーションなど、さまざまに用いている。また、他の動物の気配、物の動きなどの周囲の状況、空間構造などを把握するためにも用いられている。 例えば、人間は音の聞こえ方で空間の情報を得ており、コウモリ反響定位で物体の存在を感じている。

人間ヒト)は道具を作りだす能力がとりわけ高いという特徴があるわけだが、機械類でも、たとえば船舶には音を用いて地形や魚の存在をさぐる装置(ソナー魚群探知機)が、潜水艦には敵艦の存在や海底の地形を探る装置(パッシブソナーアクティブソナー)が搭載されている。

動物が環境を把握するための物理的情報として音を受け取る場合にこれを聴覚という」。また、これを受け止めるための受容器(感覚器官)は聴覚器と呼ばれる。陸上脊椎動物では、これがである。

[4]前ページ
(5.音を扱う装置)
[6]次ページ
(8.参考文献)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/11 02:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant