桶狭間の戦い
▼人気記事ランキング
1.合戦の経過
1.2.合戦までの経過
このような情勢の下、永禄3年(1560年)5月12日、今川義元は自ら大軍を率いて駿府を発ち、尾張を目指して東海道を西進した。5月17日6月10日)、尾張の今川方諸城の中で最も三河に近い沓掛城に入った今川軍は、翌5月18日6月11日)夜、松平元康(徳川家康)が率いる三河勢を先行させ、大高城に兵糧を届けさせた。一方の織田方は清洲城篭城するか、出撃するべきかで軍議が紛糾していた。

5月19日6月12日)3時頃、松平元康と朝比奈泰朝は織田軍の丸根砦、鷲津砦に攻撃を開始する。前日に今川軍接近の報を聞いても動かなかった信長はこの報を得て飛び起き、幸若舞敦盛」を舞った後に出陣の身支度を整えると、明け方の午前4時頃に居城清洲城より出発[3]。小姓衆5騎のみを連れて出た信長は8時頃、熱田神社に到着。その後軍勢を集結させて熱田神宮に戦勝祈願を行った。

10時頃、信長の軍は鳴海城を囲む砦である善照寺砦に入っておよそ2,000から3,000人といわれる軍勢を整えた。一方、今川軍の先鋒松平隊の猛攻を受けた丸根砦の織田軍500名余りは城外に討ってでて白兵戦を展開、大将の佐久間盛重は討死した。鷲津砦では篭城戦を試みたが飯尾定宗織田秀敏が討死、飯尾尚清は敗走したが一定の時間稼ぎには成功した。大高城周辺の制圧を完了した今川軍は、義元率いる本隊が沓掛城を出発し、大高城の方面に向かって西に進み、その後進路を南に取った。一方の織田軍は11時から12時頃、善照寺砦に佐久間信盛以下500余りを置き、2,000の兵で出撃。鳴海から見て東海道の東南に当たる桶狭間の方面に敵軍の存在を察知し、東南への進軍を開始した(但し、信長は中嶋砦まで進軍していたとする資料もある)。

[4]前ページ
(1.1.合戦以前の情勢)
[6]次ページ
(1.3.桶狭間の合戦)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/17 22:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/18 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位凪沢怜奈
 5位池田大作
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant