岡本かの子
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
岡本 かの子(おかもと かのこ、1889年3月1日 - 1939年2月18日)は、大正昭和期の小説家歌人仏教研究家。本名カノ。東京府東京市赤坂区(現東京都港区)青山南町生まれ。跡見女学校卒業。漫画家岡本一平と結婚し、芸術家岡本太郎を生んだ。小説家として実質的にデビューをしたのは晩年であったが、生前の精力的な執筆活動から、死後多くの遺作が発表された。耽美妖艶の作風を特徴とする。私生活では、夫一平と「奇妙な夫婦生活」を送ったことで知られる。
目次
1.経歴
├1.1.幼少期
├1.2.歌人として活動
├1.3.岡本一平との出会い
├1.4.暗黒の時代
├1.5.仏教に救い
└1.6.小説家として活動
2.作品
├2.1.小説
├2.2.歌集
└2.3.随筆・創作集等
3.評伝等
└3.1.代表歌
4.脚注
├4.1.注釈
└4.2.出典
5.参考文献
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/02 06:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant