サービス終了のお知らせ
応天門の変
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
応天門の変(おうてんもんのへん)は、平安時代前期の貞観8年(866年)に起こった政治事件。
応天門が放火され、大納言伴善男左大臣源信の犯行であると告発したが、太政大臣藤原良房の進言により無罪となった。その後、密告があり伴善男父子に嫌疑がかけられ、有罪となり流刑に処された。これにより、古代からの名族伴氏(大伴氏)は没落した。藤原氏による他氏排斥事件のひとつとされている。
事件は国宝伴大納言絵詞』に詳しく描かれている。
目次
1.経過
2.変で処罰された人物
3.脚注
4.参考文献
5.関連項目
出典:Wikipedia
2019/12/09 23:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant