宴会
▼人気記事ランキング
3.日本の宴会
3.3.地域社会における宴会
地域社会においても宴会は多い。多くの場合形式ばったものではなく、また供される酒食も通常のおつまみ感覚のもので済ませる場合もある。ただ、会社以上に、何かの口実がないと参加を断ることは難しい場合もある。会社等の宴会と一番異なるのは、長幼の序が厳しいことであろう。会社の宴会の場合、上司や同僚を人間的に信頼できない等の事情があっても、転勤退社等による入れ替わりがあり、半永久的に上下や同僚の人間関係が続くわけではない。そう思えば、一時の辛抱と割り切ることが出来なくもない。一方、地域社会においては、その隣人・近隣住民としての人間関係を(転勤族でない限り)半ば一生引きずるわけであり、たとえ酒癖が悪くとも、相手が年長者・居住歴の長い人であればそれに腹を立てて人間関係を壊すと、住みづらくなる。

また、飲食店においてではなく、個人の家庭において催されることがあるのも特徴といえる。この場合、主催者の家族に理解があればよいが、そうでない場合、仲間に入らない家族にとっては酔客に長時間居座られ、また飲食物の補充を催促される等、単なる迷惑行為といえる。

[4]前ページ
(3.2.宴会における会計)
[6]次ページ
(3.4.宴会芸)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/16 21:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant