宴会
▼人気記事ランキング
3.日本の宴会
3.1.企業社会における宴会
企業社会において、宴会は切っても切り離せないものである。多くの企業社員福利厚生の一環として社員旅行を行っているが、旅行そのものよりも宴会が主目的になっている事も多い。また、新年・新入社員の入社期など、折につけ宴会を開くことによって、仕事のマンネリ化を防ぎ、また新人教育にもなると考える人もいる[2]

普段の業務とは違った立場で意見を交換する事ができるため、業務上ではわかり合えなかった部分でも相互理解が深まり、人間関係が良好になることも多い。これはひいては業務の効率向上につながることもある。しかし、一方では宴会は業務時間以外に行われる事が多いので、プライベートな時間にまで会社の環境が入り込む事に強い不快感を抱く人も多い。特に、最近では若者をはじめ、40代以上でも宴会を敬遠する人が増えている[3]。また、飲み会でなければ情報を収集できなかったり、コミュニケーションを取れない会社は事業活動においてデメリットが多いとされる[4]

日本人は、白人など他人種に比較するとアセトアルデヒドを分解するALDH2の活性が弱いか欠けているため、アルコールに弱い体質の人の割合が多い[5]。一般には楽しく酒を酌み交わし懇親を深めればよいが、宴会参加への強制や酒の一気飲みや酒の苦手な人に対する飲酒の強制があってはならない。宴会の場の強制行為はパワーハラスメントアルコールハラスメントなどのハラスメント行為にあたり、企業の場合はコンプライアンス違反にもなる。

[4]前ページ
(2.歴史)
[6]次ページ
(3.2.宴会における会計)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/16 21:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant